左指の押さえ方

ヴァイオリンを弾くときに、左指で弦を上手く押さえることが出来ていますか?

 

左指の押さえ方

 

特に小指が上手く押さえられないという人も少なくないでしょうが、他の指と同じように第一関節をしっかり曲げて弦の上からきちっと乗せることが大切です。
ただ、小指は他の指と比べて短いので正しい形を保とうとすると弦を押さえにくいと感じることもあります。

 

 

特にG線でそのように感じてしまう人が多いように思います。
また、左手にタコができたり、指先が固くなったり、小指に痛みが出る人も良く見られますが、たいていは力の入れすぎという場合が多いようです。

 

 

そもそもヴァイオリンの弦は強く押さえるものではありません。
指を正しい位置に置いて、腕の重みを指の先で支えて弦に乗せるような感覚で行うことが大切です。

 

 

特に小指は他の4本の指に比べて力がありませんから尚更です。その為、小指を鍛えようとする人もいるかもしれませんが、下手をすると余計に指を痛めることにもなりかねないので注意してください。

 

 

もし、小指が押さえくく正しい形が保てないというように感じるなら、左肘を体に近いほうの小指側に寄せるようにしてみて下さい。
そうすれば腕の重心が変わって、小指が置きやすくなりますよ。

 

 

いずれにしてもあくまで左指は強く弦を押さえるのではなく、正しい位置に乗せて、左肘をバランスをとるために使うと良いでしょう。
そうすれば痛みや小指が短く届かない、なかなか指が動かないくて上手く押さえれないといった悩みも減らせるのではないかと思います。

 

池田晴子の初心者向けヴァイオリンレッスンDVDの詳細を見てみる