ヴァイオリンの弓の持ち方

ヴァイオリンの弓の持ち方が上手く出来ていますか?
特にヴァイオリンをはじめたばかりの初心者の人は、弓が滑ったりして強く握り過ぎてしまったり、小指が弓に上手く乗らなかったりという人も少なくないでしょう。

 

弓の持ち方

 

そして、はじめてヴァイオリンを習う人に弓の持ち方を教えるときにいわれるのが、キッネさんの持ち方。
これは、右手の親指、中指、薬指の先をつけるようにして、その3指で弓をを持つ形です。

 

 

実際にインターネットで調べてみると、ユーチューブなどでこの形を示されているのを良く見かけます。
ですが、この弓の持ち方はあまりおすすめしません。

 

 

何故なら、支点が一か所に集中するので、弓の動きが制限されてしまうことがあるからです。
そのようにならないようにするには、親指を中心にして弓を上から押さえる人さし指と、弓を立ち上げる小指で、ヤジロベのような形にする弓の持ち方がおすすめです。

 

 

この時には、中指と薬指は、弓に軽く添えるようにするだけです。
決して親指は突っ張ってしまわないように注意してください。少し親指が曲がるくらいにしましょう。

 

 

弓の持ち方でもっとも大切なのは、柔軟にしておくことですからね。
車のサスペンションのように振動を吸収し、デコボコの道を走るときでも乗り心地をよくする装置のように柔らかく弓を持つようにすることが重要です。

 

 

弓の持ち方については、ペンなどがどこでも簡単に練習は出来ます。
練習方法としては、右手を広げ指の第一関節の上にペンを置きます。次に親指を曲げてペンの上に置き、小指を伸ばしてペンの下にもってきます。

 

 

その状態で裏を返せば、良い弓の持ち方になっている筈です。
いずれにしても、右手の親指は常に柔軟にしておくようにしましょう。

 

 

無料の情報にには限界がある

現在は、ユーチューブなどでヴァイオリンの弾き方や弓の持ち方なども無料で見れたりしますが、私の経験からいってもなかなかそういった情報は信用できないと思います。
安ければ良い、タダなら良いというわけではないのが楽器の難しいところであり、価値があるところです。

 

 

やはりそこにはそのプロ奏者の独自のl細かいコツ、練習法というものがありますから、そうした無料の情報ではわからないことも、きちんと教本やテキスト、しっかりとアフターフォローもある長編のDVD(動画)、更には先生がお勧めする楽器で始められて安心など、体系的に学ぶことで効率よく上達に繋がるようです。

 

池田晴子の初心者向けヴァイオリンレッスンDVDの詳細を見てみる