ヴァイオリンの肩当ては必要なのか?

ヴァイオリンのの肩当は絶対に必要な道具でしょうか?
基本的に肩当ては使用してもしなくても、どちらでもいい道具です。ただ、ヴァイオリンを始めたばかりの初心者が楽器の正しい構え方を覚えるには、とても役に立つので使うことをお勧めします。

 

肩当て

 

ヴァイオリンを慣れていない初心者の人が持つとき、楽器を落とすのではないかという不安から、顎と肩に力が入りがちです。
特に顎と肩でしっかり挟んで保持しようとするあまり、首や顎、肩に力がはいってしまうということです。

 

 

無理に顎でヴァイオリンを挟んで弾いていると首や背中が痛くなったり、肩こりに悩まされるなど、しばしば体の故障の原因になりますし、このような構え方では左腕に力が入って、左手の動きもぎこちなくなってしまいます。

 

 

当然ながら左腕で楽器を支えようとすると、ほとんど手は動かなくなってしまいますね。このように肩当てがないとまともに構えられるものではありません。

 

 

ですが、肩当てがなくても左肩に右手を当てて、その上に楽器を乗せるようにするとヴァイオリンが真っ直ぐになって楽に構えられますが、この右手の役割をするのが肩当てになります。

 

 

また、肩当をするメリットはもう一つあります。それは人によって体型には個人差があり、ヴァイオリンを保つには不利と思われる人もいます。
そうした体型の場合も役に立つでしょう。

 

 

逆に、使わない利点も一つ挙げておきます。肩当てで固定されていませんから、楽器の角度を素早く弾きながら変えると、弓の速度に一瞬アクセントをつけることが出来ることです。
これと同じことを肩当てをつけたままやるのはとても難しいですからね。

 

 

いずれにしても、初心者の人は肩当てを使い、正しい位置で構えることをマスターして、慣れてきたら使い続けるか検討してみると良いかと思います。
なお、先生に習っている人なら、レッスンの時には構え方を直してもらえますが、自宅で練習する場合に、教えられたことがきちんとできているかどうか自分で確認する方法がないと、悪い構えに戻ってしまいがちです。

 

 

そうならない為に、比較的に簡単な自分の構えを確認する方法が鏡に映して見ることです。
バレエはもちろん、野球などのスポーツなどでも自分のバッティングフォームなどを確認する為に昔から鏡を使うのが一般的でしたし、最近ではビデオを当たり前のように取り入れていますからね。

 

 

ですが、演奏家ではそうした方法を活用している人が意外に少ないようです。
全身が映る鏡が自宅にある人は、たまにでも良いので、鏡の前で弾いてみると良いでしょう。
ヴァイオリンを含め楽器の演奏では、構え方はとても大切な要素の一つになりますので、自分の構え方については、必ず自分の目で確かめてみてくださいね♪