バイオリンの姿勢

バイオリンの姿勢はどのようにすればいいのでしょうか?
演奏の姿勢やヴァイオリンの構え方には演奏家によってもそれぞれ違い、様々な流儀があるので、初心者の方ならとまどうことも多いでしょう。

 

姿勢

 

ですが、根本的な考え方はとてもシンプルのように思います。
それはいい音で鳴らすことが出来る姿勢です。

 

 

その条件の一つとして安定した音があると思いますが、特に定められていない限りは一つひとつの音符は一定の音量で弾くべきで、意味なく不安定な状態は望ましくありません。

 

 

で、安定した音で弾こうと手先の動きをいくら工夫しても、土台のそのものが安定していない状態では弦と弓の関係も不安定になり、音が揺れてしまいます。
安定した音を出すには、ヴァイオリンと弓が安定した状態になるように立ち方や姿勢を考える必要があります。

 

 

演奏するときの姿勢や構え方が演奏家によってそれぞれ違い流儀があるのも、美しい音色や、多くの表現を求めて、長い歳月にわたって基本に様々な工夫がされた結果ではないかと思います。

 

 

ですので、私が思うのに姿勢や持ち方は、形が大事なのではなくて、いい音を得るための手段だと思うんです。
ここを勘違いしてしまうとバイオリンの持ち方はとても複雑になってしまうのではないのかなと。

 

 

ただ、いい演奏をするにはヴァイオリンと弓が効率よく振動している必要がありますから、姿勢や構え方の基本は押さえておく必要があります。
足の開き具合なら、右足や左足の一方を前にしたり、左右均等に肩幅くらいで開くなど、演奏家によっても様々な流儀がありますが、前後左右のどの方向にも安定させるためには、足は開きすぎず、閉じすぎずが望ましいと思います。

 

 

ですから、姿勢を伸ばして肩幅くらいに足を開いて普通に立っている姿勢がヴァイオリンを弾くうえでも望ましいでしょう。
背筋の伸びも演奏家によって異なり、背筋が伸びている人もいれば、やや曲がっている人もいいます。

 

 

頭の向きもバイオリン側を向いていたり、その逆を向いていたり様々です。
どちらの姿勢が正しいというのものではなく、その時々で求める音に合った姿勢で弾くのが望ましいのかなと思います。

 

 

ただ、初心者がやるには賛成できません。
リラックスしようと筋肉を緩めればいいと思って過度に背中を曲げたり、足を曲げたりすると別の問題が生じますからね。

 

 

バイオリンの正しい姿勢があるとすれば、常識的にいって背筋を伸ばして普通に立っている姿勢が基本だと思います。
その為、全て独学でやろうとすると、上達を妨げるような癖がついた構え方に気づかないまま弾き続けていたりという危険性があります。

 

 

自分の弾き方を客観的に確認する機会がないと、間違った方向に踏み込んでも気づかす、後戻り出来なiい状態になりかねません。
ですので、初心者の方ならまずは基本の姿勢や持ち方を最初にしっかり学んで身につけることが上達の近道だと思います(^^♪