ヴァイオリンは大人からも始めれる

ヴァイオリンというと、子供の頃から習い始めるというイメージをもっている人も多いと思います。
その為、大人からバイオリンをやってみたいんだけど、あと一歩が踏み出せないという人も少なくないでしょうね。

 

ヴァイオリン大人

 

確かにプロのヴァイオリニスは、そのほとんどが幼い頃から学び始めたのというのは事実です。
でも、大学生からオーケストラに入ってはじめてバイオリンを手にした人もいますし、社会人や中高年になってから教室に通い習いはじめて、憧れの曲や好きな曲を奏でて楽しめるようになったり、アマチュアオーケストラに加わって、交響曲の演奏に参加したりしている方もたくさんいます。

 

 

このことからも、ヴァイオリンは大人になってからでも始めれる楽器と言えると思うんです。
重要なのは、「弾いてみたい!」「音を出してみたい」という気落ちを持ったなら、それを行動に移してみることなのかなと。

 

 

何より、初心者からでも楽器をもつことや構えることは、考えているより決して難しいことはないんですね。まず気楽に構えるといいのかな〜。
それがバイオリンを始める第一歩です。

 

 

いずれにしても、バイオリンを末永く楽しむには、好きであることが一番です。
「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、好きじゃないと長期的に楽しむことはできないでしょうからね。

 

 

更に付け加えるなら、他人と競争はしないといことかな。
自分のペースで確実に楽しく基礎を身にけることです。そうしたことが出来る方法が大人からバイオリンを始める方には一番継続しやすいやり方なのかなと思います。('ω')ノ