弓の動かし方

ヴァイオリンの弓の動かし方で一番いいのは、真っ直ぐに弾くことです。
ヴァイオリンは擦弦楽器と呼ばれるように、通常は弓で弦を摩擦して音を出すので、もっとも効率よく弦を摩擦するように動かすのが、一番良い弓の使い方になるからです。

 

弓の動かし方

 

これは実際にやってみればすぐにわかることですが、効率よく弦を摩擦するには、弓が弦に対して斜めになるような動かし方ではありません。
やはり弦に対して弓を直角に当て、その状態で真っ直ぐに弾くしかないでしょう。

 

 

とは言え、私も最初はこの直角を保つということが難しいと感じていました。
私の経験から言えば、ポイントなるのは関節を柔らかく使って弾くことだと思います。

 

 

まず、弓元から中ほどでは手首と肘、そこから弓先に行くにしたがって肩の関節を更に使うようにするのです。
当然、肩や腕に余計な力が入っていては、関節の動きも硬くなってしまいます。

 

 

ですが、人間の関節はとてもうまく出来ていて、肩から肘、手首、指まで全体のバランスを保ったまま、なめらかに動かすことが出来ます。
ですので、弦と弓が当たるところだけ意識を向けていてダメです。

 

 

弓を真っ直ぐに弾くことに集中しながら、身体もそれに合わせていかないといけません。
また、弓先で弾くときに音が小さくなる、しっかりとした音が出しにくいという状態になりやすいものですね。

 

 

弓元は右手が弦に近いので重力がかけやすく、それに比べて弓先は弦に対する重力がかけにくいからです。
弓先でもしっかりとした音を出すには、弓元と同じように重力を十分にかける必要がありますが、そこで働かせなければならないのが弓を持つ右手の人差し指です。

 

 

全体の中心になって弓を支えるのは親指ですが、人差し指が弓の重力をコントロールし、小指が釣り合いをとる役目になります。
したがって、弓元でも弓先でも同じように重力をかけるのは、人差し指の使い方が重要になるということです。

 

 

いずれにしても弓の動かし方は、弓を真っ直ぐにして効率よく弦を摩擦し、右手の人さし指を意識して適度な重力をかけて弓先までしっかりした音が出せるようにボウイングの練習をしていきましょう。

 

池田晴子の初心者向けヴァイオリンレッスンDVDの詳細を見てみる